読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょうゆ味・カスタム

フツウの毎日

髪の毛を切りたい

日記

新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日から主人も私も仕事始めということで、昨日主人の散髪をしました。飼い犬2匹が私の散髪している姿を後ろで揃ってお座りしてジッと見ていたので、まるで師匠と弟子みたいな感じでした。「技術は師匠の背中を見て学んだらええねや!」みたいな。なんか凄くシュールな空気だった。そして散髪が終わってサッパリした主人が「あけみさんも散髪に行ってきたら?」と言ってくれたのですが、なんだかその気分にはなれず美容院へは行きませんでした。
髪の毛を全くもって手入れしておらず、前髪は口元の下辺りに伸びておりまして「この前髪の長さに合わせて全体を切ってもらうと『ゴッホより普通にラッセンが好っきー!』って叫んでる芸人さんみたいなるなぁ」と鏡を見ながら思ったりしました。去年5月に髪を切った後、実家へ帰った時に実家の玄関先で近所のおばさんとバッタリ会いましたら「あっらー、あけみちゃん久しぶりやねー。えらい可愛らしいして。もういくつになったん?」と訊かれたので「えーっと、37になりました…」と照れながら言うと「ええ!?さんじゅうなな!?」と微妙な空気になったので、アレやなぁ…某アイドルグループを意識して今までずーっと前髪を作ってきてたけど。だって可愛らしいやん?だけど年齢の壁は越えられないということを話したおばさんの表情を見て改めて悟ることができた。それから私の髪の毛は無法地帯になったわけなのですが、インターネットでヘアカタログを見てるんですけど、みんな若くて可愛い子ばっかり。10代~20代の女性のしかも可愛くて綺麗な女性限定のイメージ画像なので「全然アカンやん!これじゃ結局自分は惨めやん!」と気持ち悪い顔をしながらディスプレイに突っ込んだりしてます。

とりあえず、インターネットのヘアカタログに40代以上の女性で美魔女とかではなく普通のおばさんの証明写真みたいな感じでいいから、そんなヘアカタログがあってもいいんじゃないの、凄く参考にできるからって思う2016年の始まりでした。

広告を非表示にする