しょうゆ味・カスタム

フツウの毎日

今日のショッキング

専務が飼っているメスの紀州犬(1歳半)が品評会でチャンピオンになったそう。凄く嬉しそうに話してくれた。「今度は種付けして子を産ませんとアカンのや。」と言ったので「お見合いして相性の良い雄犬を探すんですね。志村どうぶつ園でやってる日本犬の里みたいに。」と返すと、専務は笑いながら「いやいや、相性とかへったくれもありゃせんよ、もう無理矢理乗せて付けるんだよ。競走馬でもお互い発情してたら無理矢理でも種付けしてるやろ?あれと一緒!」と言い放ったので、「マジか…マジか…ブリーダーの世界ってそんなのか…。テレビでやっていることのほうがもしかして稀なのだろうか…。」とショックでショックで、そのことが理由で仕事が手に付かなかった。無理矢理て。

広告を非表示にする