しょうゆ味・カスタム

フツウの毎日

歯科治療⑯

「今日は隣の歯の虫歯を治療しますからねー。痛かったら麻酔してから治療するのでねー。」と言われて、仮歯のような詰め物をボコンと外した後に、治療中の隣の歯の虫歯で黒くなっている部分を削り始めた先生。削っている途中になんとなくジワンとした痛みが来たけれど、激しい痛みではないのでそのまま治療してもらいました。

削った後に口をゆすぐのを促された時に初めて気が付いたのだけど、先週は「全く何をされたのか分からない」と書きましたが、4分の3ほど斫り取られた上前歯にしっかりとした芯のようなものが付いていました。そうですよね、「土台を作るために歯形を取る」って言っていたのに何もされないことは無いですよね。この芯に疑似前歯を被せるんですね。なるほど。

今日、上前歯の虫歯を治したことで、歯の雰囲気がだいぶ変わりました。私は左右ともに八重歯があってガチャガチャしていて恥ずかしいのですが、歯の色が綺麗になるだけでも印象が変わるなんて、もっと早く治療するべきでした。次回は「被せる歯のための型取りをします」とのことで、何回歯形を取るのだろうと少し疑問ですが、2週間か3週間後には前歯の治療が終わりそうな感じです。

広告を非表示にする