しょうゆ味・カスタム

フツウの毎日

歯科治療⑤

前の患者さんの治療に時間がかかったのか、予約時間より少し待たされました。でも、予約制なので待合室は私一人ですし、クラシックが流れてゆったりとしていて、なんだかとても落ち着きました。

治療は今回も以前と同じで、下前歯2本に、それぞれ針金のような器具を捻り入れて、グリグリした後、引っこ抜いて、また捻り入れては引っこ抜いて、何回も繰り返してから「お薬詰めますからねー」って言われて、されるがままに終わりました。全然痛くなかったのですが、グリグリゴリゴリと繰り返し器具を捻り入れられていた時に、歯茎が折れて取れるんじゃないかと怖い想像をしてしまったりしていました。それくらい先生の力が強くて、神経を掃除するのは大変で時間がかかるんだなぁと思った次第です。薬を詰めたということは、やはり完全に神経を殺してから、歯のぐらつきを治すのかなぁ。歯医者に通い始めて1ヶ月が過ぎ、まだまだ下前歯の神経処理が続きそうです。

広告を非表示にする

栄養失調のババア

今日は毎度お馴染み、高血圧の定期診察の日でした。前回、採血をしたのでその結果も併せて訊いたのですが、肝機能・腎機能・血糖関係・尿酸値、共に異常がなくて安心したのも束の間、赤血球アルブミン・総コレステロールHDLコレステロール・LDLコレステロールが基準値を下回り、中性脂肪もギリギリラインで低い数字を叩き出したみたいでして、主治医から「ご飯食べてる?これ、貧血ですし、栄養不足になってるよ。」と言われてしまいました。なんとも情けないです。それから主治医に「甘いものは食べなくていいからね、食事はしっかり食べないと駄目ですよ。もう痩せなくていいですからね!!」と言われてしまう始末……。

私は子供の頃から今まで万年デブで、栄養過多な人生を歩んでいたのに、まさか栄養失調なんてことを言われてしまうなんて、これっぽっちも思っていませんでした。しかし、食べろ食べろと言われても、すぐにお腹が一杯になってしまうのが大きな問題です。今日のお昼ご飯も、袋のサッポロ一番みそラーメンにもやしと白菜を入れて食べたのですが、完食出来ずに3分の1ほど残してしまいました。ダイエットを始める前なんて、こんな量はペロリと食べて更にご飯と唐揚げを食べたりしていたというのに。

そんな状態でも、これから食事量をアップ出来たとして、もしかしたら体重が増えてしまうんじゃないかと、正直、恐怖心でいっぱいです。皆が多少食べても増えないって言うのですが、本当に大丈夫なの?ってなっています。というか、ここまで書いてて、なんだか摂食障害に足突っ込みそうになってる感じがプンプンしますな。

広告を非表示にする

歯科治療④

相変わらず、病院内は真っ白くて清潔で、受付のおねえさんは可愛いし、薄汚れているおばさんは何故だかモジモジしてとても緊張してしまいます。

治療を始める前に先生が「今日は前回触った歯の隣の歯を診ていきますのでね、少し痛いかもしれないから、痛かったら麻酔しますからね。」という、私の恐怖心を煽る呪文を唱えてきました。私の鼓動のボルテージはマックス状態の後、前回と同じようにウイィィンと下前歯の裏側の真ん中辺りを削られ始めたのだけど、それが全然痛くないんです。先生が削りながら「今、孔を明けてますからね。痛かったら言ってくださいよ。」と言うんだけど、全く痛くないから口を開けて死んだようにしていたら、何度も「痛くないですか?!」「痛くないですか?!」と訊いてくるので、その都度、物凄い早さで首を縦に振ってたりしてました。

その後、まだ先生は「痛くないですか?!」を連呼しながら、歯に器具を当てて結構長くコリコリしたりグリグリしたり、それからなんだか機械みたいなのを歯に当てて、歯科助手さんが「16.4ミリです」と言ってたりして、この前となんか違うなぁと思った。そして、治療が終わるといつもの如く「明けた孔は塞がずにそのままですから」と「やっぱり神経、死んでましたんでね」と「痛くなったり腫れてきたらすぐ来て下さいね!!」と言われて帰ってきました。この先、下前歯2本の治療の行方がどうなるのか全く解りません!ドンミシッ!!

広告を非表示にする