しょうゆ味・カスタム

フツウの毎日

真夏の夜の出来事

午前1時半頃、玄関の下駄箱の下の隙間で眠っている飼い犬のチー(メス・5歳)が急に何かに反応して吠え始めた。深夜なのでビックリして慌ててチーをなだめに玄関へ行き、なぜ急にチーは吠えだしたのか気になった。チーは意味もなく吠えることは無い。大抵聞きなれない物音に反応したり近所の犬が吠えたらつられて吠えるくらいである。なので私は、どこかで犬が吠えているのかなぁと思いドアの覗き穴から外を見たのだけどそんな様子はない。でもまだチーは吠えようとするので、何か聞こえるかもしれないと思い玄関のドアに耳を当ててみた。
そうしたら、女性が物凄い剣幕で「出ていけ!出ていけ!」と連呼している声が聞こえてきた。私は「え?何?何?」と思いながら怖くなったのだけど、とても気になるのでまたドアに耳を当ててみるとやっぱり女性がずーっと「出ていけ!」を連呼している。なんていうか外から聞こえてくる感じじゃなくて何処かから伝って声が聞こえている感じで、一瞬私の脳裏に浮かんだのは漫画「不安の種」みたいな怪異的なことじゃないよね、まさかねってそんな感じでゾーッとしたんだけど、ドアに耳を当てながら色々考えてみた。
うちはマンションの1階の端部屋なのでこの声の主はお隣か上階の2件しかない。ペットが飼えると謳った3年ちょっと前にできた新しいマンションなので防音性は驚くほどしっかりしている。今まで部屋にいてもお隣や上階の生活音が全く聞こえてこないくらいだ。しかし私はこのキチガイ染みた女性の声の元が知りたくてウズウズしたので、なんて厭らしい人間なんだろうと思いながら、厚いコンクリートの壁に耳を当ててお隣の様子を伺うとお隣の飼い犬が激しく吠えている間を縫うように奥さんが怒り狂っている声が聞こえた。そしてドン!とかバン!とか聞こえ始めたと同時にまたチーが玄関で吠えるので「わわわ!チーちゃん鳴かんといて!」と急いで玄関へと戻った。
私は玄関で少し興奮しているチーをなだめながら「あー良かった。お隣の夫婦喧嘩で良かった」とホッとしていた。もしも怪異現象だったら気持ち悪くてたまらないもんね。まぁ世の中に怪異現象なんてあるかどうかも定かじゃないけれど。霊感っていうのは脳のバグっていう説もあるし。そうこうしているうちにお隣の玄関が開く音が聞こえたので咄嗟に玄関の覗き穴でまた外を見ると、旦那さんが慌てて廊下に飛び出て駐輪場へ向かい自転車に乗って何処かへ行った様子を覗き穴から逐一見てしまった。なんだかヒッチコックになった気分になった。
それからというものの「お隣の旦那さんはいったい何をしでかしたのだろう」だとか「こんな深夜2時過ぎに家を追い出されてどうするんだろう」だとか「近くの河原で三角座りして泣いたりするんだろうか」と他人のことでどうでもいいことなのに色んな思いを馳せて眠れなくなってしまった。夫婦喧嘩されるのはいいけど深夜にしてほしくないよねって思った。あと壁に耳を当てるとお隣の音がよく聞こえるんだなと初めて知ったのであんまり苦情されないように気をつけようと思った。

広告を非表示にする