読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょうゆ味・カスタム

フツウの毎日

アンパンマン女子

日記

一昨日の就寝前辺りからまた右耳の調子が悪い。先月の10日に右耳のづまりと少し低い音程でボーッという耳鳴りがするので耳鼻科へ再診した際、先生から「この難聴は治りやすいけど再発もしやすい。あと原因もはっきりと分かってない。」と言われて、色々と諦めました。「人間、死ぬときゃ死ぬし。酷い頭痛持ちの人、慢性の肩こりや腰痛持ちの人、みんなそれぞれ大変で苦労している。私はまだめまいが無いだけマシだ。人より耳づまりが起りやすいだけ。難聴なんてクソくらえや。」と思うようになりました。今回も右耳が耳鳴りして聞こえにくい状態ですけど、先月は発症した後、5日間ほどで違和感がなくなったのでとりあえず余っている薬を飲んで経過観察してみる。

昨日、仕事帰りにスーパーへ寄り、カレーライスの材料をレジかごに入れて紙パックジュースの類が置いてある売り場へ行きレモンティーにしようかピーチティーにしようかどうしようかと悩みながら暫く突っ立っていたら、まだ足取りも覚束ない1歳半くらいの女の子が私のところへ寄ってきて売り場に並べてある紙パックジュースとジュースの隙間にポーンとアンパンマンの絵が描いてあるパンを置いた。そして私を見ながらアンパンマンのパンを指差し、「アパマッ!アパマッ!」と連呼していた。なんだか間寛平の「アメマッ!」みたいな言い方だったので、その場で膝から崩れそうなくらい面白かったのですが、女の子がアパマを連呼している間にママを待ってみてもなかなか来てくれない。少し焦りながら心の中で「この子のお母さーーん!早く来てー!」と叫んでいたら漸く来てくれて母と娘は去って行ったんですけど、今度はお惣菜売り場で「おっさん、唐揚げ食べたいとか言ってたなぁ」と思いながらまた突っ立ってたらアパマの女の子が私のところへ来て私の周りを「グヘヘヘッ!グジュベゲッ!」と笑いながら楽しそうにグルグルしてたので、思わず「お母さーーん!!もっかい早く来てーー!!」と叫びそうになった。でも北斗の拳みたいな気分で楽しかったけど。

そして、何故女の子は私を標的にしたのか全くもって不明です。主人にこのことを話すと「あけみさんのことアンパンマンやと思ったんちゃうか?」と在り来たりな冗談を言われました。そうやね!デブで顔丸いもんね!顔もテカってるし…って、ウワァァオ!!

広告を非表示にする