しょうゆ味・カスタム

フツウの毎日

歯科治療⑫⑬⑭

先々週、先週は、下前歯の治療と全く同じで歯の根の掃除と薬を詰めて終わりました。そして、問題の本日です。先週、治療後に次回の治療内容を聞かなかったので、今日は何をされるのか不安なまま診察台へ。先生が「今日は前歯を削って土台を作るために型取りしますねー。」と話し、言われるままに口を開けて上前歯を差し出す私。

回転数の高い音を立てて削られ始めたと思ったら止まって、今度はチッパーみたいな音の機械でゴリゴリと歯を斫り取っているみたいでした。そして、口をゆすぐのを促された時に舌先で確認したら上前歯がなくて「!!!」となったのでした。まぁ、覚悟はしていましたけどね、神経が死んでいるので変色して脆くなっていたのは確かですし、治療するということはこういうことなのだなと、歯の型取りをされている時に、自分の気持ちをなだめていました。

そして、セメント材のようなもので仮の前歯を雑な感じで詰められて終わりました。遠くから見たら目立ちませんが、近くで見たら結構クチャクチャです。ちゃんとした仮歯が欲しかったものです。そんな時に限って明後日、会社の忘年会なんですけどね、めっちゃ前歯をガン見されそうで恥ずかしいです。口を手で多いながらお鍋をつつこうか…。いや、余計に目立つなぁ。

あと、歯の型取りをしている時に、型取り材のカスが私の下唇に付いていたらしく、先生が優しく何回か摘まんで取っているのを感じて「なんかエロいな」と思った次第です。終わり。

広告を非表示にする